check 安心して頼める
リーズナブル
データ復旧業者は?
データ復旧業者比較BAR「Data,again」 » データが消えた…思い出を復活させるための基礎知識 » 自分でデータを復旧する

自分でデータを復旧する

個人で復旧できる範囲とは

データにトラブルが起きてしまった場合、個人で復旧させることも決して不可能ではありません。例えば軽い論理障害程度であれば、データ復旧ソフトを活用することで、データが戻る可能性もあります。

ただし、物理障害に関しては個人での復旧は難しいでしょう。もし物理障害による故障やデータ損失である場合は、専門の業者に相談するのがおすすめです。

個人でデータ復旧の危険性

個人でのデータ復旧は、論理障害程度であれば可能ではありますが、全て自己責任である点は覚えておかなければなりません。コンピューターはデリケートな機器です。慎重に扱っているつもりでも、なんらかの問題が発生してしまうケースもあります。個人の場合、どこまでが安全なのかを完全に理解していないと、思わぬ故障を招いてしまうかもしれません。

ネットで調べて「自分でもできるのではないか」と思ってデータ復旧にチャレンジしてみたところ、復旧させるどころかかえって悪化させてしまうケースもあります。

何が原因なのかが分からない操作は危険

個人でデータ復旧にチャレンジした際、ファイルを見て「問題に関係していないファイル」だとすぐに断定するのは難しいでしょう。一見、何の変哲もなく、何かに関連しているとも思えないファイルだとしても、トラブルやアクシデントが起きている場合は何らかの関連性が発生しているケースもあります。

しかし、関係ないからと安易に削除してしまった場合、実は消してはいけないファイルだったという可能性もないとは言い切れません。トラブルやアクシデントは原因がありますが、個人では専門知識がないと「何が原因なのか」特定が難しいため、安易な消去はさらに悪化させてしまうでしょう。

個人でのデータ復旧でやってはいけないこと

個人でのデータ復旧の際、やってはいけないことがいくつかあります。

上書きをしない

復旧ソフトを使ってデータを取り戻せる方法はありますが、状況によって状態が悪化する可能性もあります。例えば記録データのメディアを削除した際、ソフトを使って復旧したデータを書き込んでしまうのはNGです。上書き状態となった場合、業者でも復旧ができないという事態になるかもしれません。

誤って削除したりクイックフォーマットをしたりした直後やデータを書き込んでいない場合などは、下手に触らず業者に相談しましょう。

何度も電源を操作する

電源のオンとオフを繰り返したり、ケーブルを抜き差したりなどの対応は避けましょう。物理障害の場合、通電のたびに状況が悪くなるという懸念があります。もし不具合が起こった際には、論理障害および物理障害どちらだとしても、安易に電源を入れないようにしましょう。

RECOMMENDED

主要9製品!
安くて安心できる
データ復旧業者

※1TB の場合、破損状況が分からない状態での最高料金

PCエコサービス

39,800

大阪ギガデータ

45,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

最安料金でも高い復旧技術

1位のPCエコサービスは容量・障害問わず一律料金で復旧を行っています。警察機関や官公庁などが利用しているPC-3000を利用しており、技術面にも安心できるでしょう。
大阪ギガデータは重度障害の場合は別途見積もりが必要となります。

※PCなど500GBの内蔵HDDで、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

PCエコサービス

39,800

大阪ギガデータ

45,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

わかりやすい料金体系で1位

容量に関わらず一律料金で引き受けるPCエコサービスが、費用発生前に復旧できるデータを見られる業者としては最安値でした。口コミを調査したところ、安いだけでなく対応が丁寧だったとの声がいくつも見つかっております。
大阪ギガデータは重度障害の場合は別途見積もりがありますのでご注意ください。

※容量設定なし、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

PCエコサービス

39,800

WinDiskRescue

125,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

HDDよりも復旧が難しいとされるSSDは…

HDDと違って、SSDに対応しているデータ復旧業者はそれほど多くありません。そのため高額に設定されることが多いのですが、1位のPCエコサービスならHDDとそこまで変わらない料金でデータ復旧ができそうです。
WinDiskRescueは重度障害の場合は別料金となります。

※64GBの内蔵メモリで、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

PCエコサービス

39,800

AOSデータ復旧サービスセンター

98,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

スマホは専門サービスの方が良いかもしれません…

データ復旧業者は、多くの場合一般利用者だけでなく法人も利用するので、やや法人向けな価格設定がされているのですが、スマホに関してはほとんどの利用者が個人。他のデータ復旧とは少し毛色が異なるのが現状です。
私が調べた中ではこのような結果となりましたが、スマホ水没に強い実店舗系にあたる方が安くできる可能性があります。

※2TBで1本単位の場合、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

PCエコサービス

39,800

大阪ギガデータ

80,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

技術面にもご注目ください

PCエコサービスは、RAIDの種類等にかかわらず一律39,800円を掲げており、最安値となりました。ここでは復旧可能なリストの提示があり、料金にある程度の上限が存在するデータ復旧業者を紹介していますが、それに加えてPCエコサービスは復旧の機材として官公庁なども使用しているPC-3000を使用している点にも注目です。
2位の業者は重度障害の場合は別途見積もりが発生するようです。

※2TBの場合、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

PCエコサービス

39,800

大阪ギガデータ

50,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

まずはお問合せを

内部の構成がわからないものなので、総額でどれくらいの費用がかかるかイメージを持たれにくいかと思います。
そのために安心して依頼できるデータ復旧業者から安値を提示している業者を厳選してまいりましたので、まずは実際にご相談をされてみることをおすすめいたします。
大阪ギガデータは、郵送であれば全国対応です。重度の場合は見積もりが別途で行われるようなのでご承知おきください。

※32GBの場合、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

大阪ギガデータ

10,000

データ復旧技術センター

28,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

個人でお悩みの方が多い機器は…

デジカメやスマホなど、個人のお客様が多いのではないでしょうか。そのため安いデータ復旧業者はとことんお安い、という結果となりました。
大阪ギガデータは郵送なら全国対応可能で、容量問わず一律1万円でございました。ただし、1位2位どちらも重度の物理障害は別見積もりです。データ復旧業者の一律料金はまだ少なく、1位の業者と東京にある「PCエコサービス」だけでした。

※32GBの場合、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

大阪ギガデータ

20,000

WinDiskRescue

35,000

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

最安は明朗会計の大阪。

一律料金を提示している数少ないデータ復旧業者の大阪ギガデータが最も安い金額を提示されていました。何よりクラシックで親しみやすいホームページがいいですね。
3番目に安かったのは39,800円の「PCエコサービス」というデータ復旧業者で、こちらも一律料金を掲げており安心できます。

※4.6GBの場合、破損状況がわからない状態での最高料金(税別)

大阪ギガデータ

8,000

データサルベージ

29,800

データ復旧業者比較BAR「データアゲイン」のマスター・オオハシ
当店のマスター:オオハシ

DVDなら1万円以下もあります。

パソコンや外付けのHDDなどのデータ復旧においては、10万円以上することも不思議ではないデータ復旧ですが、DVDにおいては大阪ギガデータ安値で他を圧倒しています。また、他の機器と比べて、対応できる業者も少なくなっております。
データサルベージは重度障害の場合は料金が異なりますのでご注意ください。